サポニンサプリの口コミから効果までオススメをランキングで徹底解説!

サポニンサプリ効果おすすめ人気ガイド〜健康生活をサポート!〜

サポニンサプリの肥満予防効果


サポニンには、糖の吸収を抑制し、体内に蓄積するのを防ぐ効果があります。

よく「糖の吸収を穏やかにする」と謳われている効果と同様の効果が期待できるのです。

なぜ肥満になるのか?

 

そもそも、どうして肥満は起こるのでしょうか?

実は肥満は、糖尿病と同じ仕組みで起こっているのです。

 

昨今「糖質」と言う言葉がよく使われるようになりました。

糖質ゼロのビールも人気商品で売り上げが良いそうです。

でもなぜ糖質を取るとよくないのでしょうか?

 

人間の体と言うのは、糖質を摂取すると胃腸でブドウ糖として吸収します。

ブドウ糖は血流に乗って全身に運ばれて、あらゆるエネルギーの源となります。

しかしエネルギーになるには、細胞の中にブドウ糖が入っていかないといけません。

その役割をしているのがインスリンと呼ばれるホルモンです。

 

しかし摂取した食べ物から得られたブドウ糖が全てエネルギーに変わる訳ではなく、

使いきれずに残ってしまう事があります。

食べ過ぎや偏食、不規則な生活や早食いなどをすると起こりやすいと言われています。

 

これが糖尿病の原因になるのですが、肥満も同じなのです。

 

必要な量のブドウ糖を体の筋肉等が受け取った後は、

余ったブドウ糖は行き場をなくします。

 

この際、人間には自己防衛本能があるため、

何かあったときのためにこのブドウ糖を体内で保管しておこうという動きをします。

 

これもインスリンの力による働きになります。

 

男性よりも女性のほうが体脂肪率が多少高いほうが良いと言われるのも、

体の仕組みとして赤ちゃんを産む際に莫大なエネルギーが必要で、

赤ちゃんに栄養であるブドウ糖を届けなければいけないからという理由があるそうです。

 

しかし過剰に摂り過ぎてしまったブドウ糖は、

内臓脂肪や皮下脂肪といった形で体内にどんどん溜まっていき、

最終的には必要以上に溜め込んだ状態(=肥満)になってしまいます。

肥満を予防するにはどうしたらいいのか?

基礎代謝という言葉がよく使われています。

これは、私たちが生活する上で、体を動かすために必要となる基本的なエネルギーのことです。

 

呼吸をしたり、筋肉を動かしたり、基礎体温を一定に保ったりと、

私たちが意識しなくても常に体はエネルギーを使用しています。

 

あの人は、基礎代謝が高い。基礎代謝が低い。という言葉は、

その人が無意識に消費するエネルギー量が多いか少ないかという違いになります。

 

例えば、アスリートの基礎代謝が高いと言われているのは、

一般人に比べて筋肉量が多いからです。

筋肉は基礎代謝において一番エネルギー消費が大きいのです。

 

サポニンには、前述のとおり糖の吸収を穏やかにする効果があります。

基礎代謝の低い方や、暴飲暴食をしがちな方、食生活が不安定な方ほど、

摂取した糖質がエネルギーとして消費しきれず体内に蓄積しがちです。

 

肥満の原因は、腸で吸収したブドウ糖が脂肪と結合していくことにあります。

サポニンが糖の吸収を抑制し、基礎代謝で消費しきれない余ったエネルギーの

蓄積を防ぐことで肥満予防に効果を発揮します。

 

また、糖の吸収を抑えるということは、急激な血糖値の上昇を抑えることに繋がります。

急激な血糖値の上昇はインスリンの分泌を促進します。

インスリンが大量分泌されると、それだけ「使い切れなかったエネルギー」を

体内に保存しておこうとする働きが強まると言うことになります。

 

また、脳の満腹中枢に対して「もう食べられないよ」という信号がくると、

人はお腹いっぱいだという感覚になります。

しかし、食生活が乱れていたり、食事が早食いであったりすると、

この信号が届くよりも必要以上の食べ物を摂取するほうが多くなってしまいます。

 

そうなると結果として、「もう食べられない」はずの状況で、

より多くの食物を摂取していますので、肥満を加速させる原因になります。

 

以上を踏まえ、肥満予防のポイントをまとめると次のようになります。

    • ご飯はゆっくりと食べる
    • 基礎代謝をあげる
    • サポニンをうまく活用する

  ご飯はゆっくりと食べる

急いでご飯を食べると、体内の血糖値は急上昇します。

前述のとおり、血糖値の急激な上昇はインスリンの過剰分泌を招き、

必要以上に脂肪を溜め込もうとしてしまいます。

 

また、満腹中枢に対する信号が伝達される以前に、

食べ過ぎの状態に陥るため、体内のブドウ糖の量も

必然的に多くなり、過剰分泌されたインスリンが

多量のブドウ糖を脂肪へと変えてしまいます。

 

また、血糖値の急激な上昇と下降は太りやすい体質へと変えてしまうばかりか、

糖尿病をはじめてとする様々な病気の原因にもなります。

 

ご飯はゆっくりと食べることを心がけることで、

適切な量のインスリンを分泌させるとともに、

満腹中枢に正常に信号が行くようにするとよいでしょう。

 

糖質の高いご飯やおかずなどを口にする前に、サラダ等の野菜を口にすると、

糖の吸収が穏やかになると言われており、

気軽に取り組めるため意識してみるとよいでしょう。

基礎代謝をあげる

基礎代謝をあげることで、摂取カロリーに対して

「何もしていなくても消費されるカロリー」の割合が大きくなっていきます。

基礎代謝は、年齢とともに低下していく傾向がありますので、

普段から少し体を動かす習慣をつけるとよいでしょう。

 

しかし今まで特に運動をしていらっしゃらなかった方が、

いきなりジョギング等を始めても長続きしなかったり、

体への負担が大きくなりすぎて怪我に繋がる危険性もあります。

 

例えば座り仕事であれば、定期的に伸びをして肩をまわす。

足先を伸ばして少しお腹に力を入れた状態で10秒程度維持してみる。

こういった簡単なことを継続的に積み上げることをオススメします。

 

筋肉を増やすと基礎代謝として消費されるカロリーは増えていきますので、

筋トレをしよう。そのためにプロテインを飲もうという方もいらっしゃいます。

 

その意見自体は誤りではないのですが、

プロテイン自体が高たんぱくであるため、

しっかりとそれを筋力に変えるだけのトレーニングをしないと

かえって太ってしまう原因にもなります。

 

基礎代謝向上のためには、ストレッチからはじめるなど、

現在の自分の状態に合わせて、少しずつ運動を取り入れていくのが良いでしょう。

サポニンをうまく活用する

サポニンには、糖の吸収を穏やかにする効果があります。

サポニンは体内に入ってきた糖(脂肪)の腸への吸収を阻害することが、

肥満改善や肥満予防に繋がるといわれています。

 

これは実際に臨床実験が行われており、サポニンを摂取することによって

体重や内臓脂肪の数値に変化があったことが立証されているそうです。

 

手軽に摂れるサポニンとしては、お豆腐などに含まれる大豆サポニンがあります。

大豆製品は、お豆腐、納豆など比較的食卓に並べやすく、

調理も簡単ですので、食生活の改善から肥満改善やダイエットを行う場合には、

これらの食品の摂取をオススメします。

 

一時期納豆ダイエットが流行りました。

あれも、ナットウキナーゼをはじめとして、

サポニン、イソフラボンなど体にとって

有益な成分がたくさん含まれているため、肥満改善に効果があるからなのです。

 

しかし、どうしても毎日それらを摂取することが難しかったり、

そもそも必要量摂取できない場面も出てきます。

 

そういった場合、手軽に摂取できるサプリは非常に強い味方になってくれるでしょう。

 

肥満解消、肥満改善には、食生活の見直しや基礎代謝の向上など

日々の積み重ねが大切になってくる部分もあります。

 

そこにサポニンによる強力な補助があれば、

より効果が生まれやすくなります。

 

ダイエットは、結果が出だすととても楽しくなってくるものです。

継続は力なりを実践するためにも、それを手助けするサプリはありがたい存在と言えるでしょう。

 

 

 

サポニン効果

TOPへ戻る