サポニンサプリの口コミから効果までオススメをランキングで徹底解説!

サポニンサプリ効果おすすめ人気ガイド〜健康生活をサポート!〜

サポニンサプリの血流改善効果


サポニンには血流を改善する効果があり、血液のめぐりを良くすると言われています。

これは、サポニンに含まれる次の効果が有効であるためだと言われています。

    • 血小板凝集抑制効果
    • 血清脂質改善効果


それぞれについて簡単に説明していきます。

血小板凝固抑制効果

血小板は、怪我をしたときなどに傷口を塞ぎ血管の穴を防ぐ役割を担っています。

主に止血を助ける力を持っていると考えていただけるとわかりやすいかと思います。

 

しかし血小板は血を固めるという性質上、血管の中に血栓を作り出してしまうことがあります。

血栓は文字通り、血管に栓をしてしまうため、血液の流れが途絶えてしまい、

肺や心臓、脳に十分に酸素や栄養が行き渡るのを阻害し、

重篤な病気の原因になってしまいます。

 

例えば、本来サラサラと流れることを前提としている川が、

石や落ち葉、土などで塞き止められてしまった場合、

本来流れなければならない箇所に水が行き渡らず

田畑は枯れてしまいます。

 

同様のことが体内で起こってしまうのが血栓になります。

 

サポニンは、血小板の凝固を抑制する効果を持っています。

特に田七人参や高麗人参に含まれるサポニンはその効果が高く、

血中の血小板が凝固するのを養成し、血管のつまりが発生するのを防ぐ効果が期待できます。

 

これによって、不自然な血流の塞き止めがなくなり、

血の巡りが良くなります。

 

血液の循環が良くなると、上述した重篤な病気のリスクが低下するだけでなく、

冷え性の改善や体質改善にもよい効果が期待できます。

血清脂質改善効果

サポニンには、血中の脂質を溶かし排出する効果があります。

例えば、高脂血症の方などは、普通の人よりも血中の脂質が多くなります。

 

血中の脂質は血液がドロドロになる原因のひとつであり、

血栓の生成にも影響していると言われています。

 

例えば、石油漏れをしたタンカー等を想像して頂くとわかりやすいかもしれません。

あのような事故が起こった場合、ニュース映像では、

本来綺麗なはずの海が、石油によってドロドロのヘドロが浮いている状態になっています。

 

このヘドロでドロドロした状態が血管の中で起こっているとしたら?

通常より粘性が高くドロドロとした血液は、血のめぐりを悪化させます。

人間の体には、毛細血管があり、その細い血管にうまく入ってないばかりか、

血液の流れを塞き止める血栓に変わってしまったりします。

 

サポニンの脂質を溶かす作用や、排出する作用が血中の不必要な脂質を洗い流すことで、

血のめぐりを良くし、血流を改善する効果が期待できます。

 

 

 

サポニン効果

TOPへ戻る