サポニンサプリの口コミから効果までオススメをランキングで徹底解説!

サポニンサプリ効果おすすめ人気ガイド〜健康生活をサポート!〜

田七人参と高麗人参の5つの違い


漢方の人参として有名な田七人参と、高麗人参には大きく5つの違いがあります。

  1. それぞれの見た目
  2. それぞれのサポニンの含有量
  3. それぞれの知名度
  4. それぞれの副作用
  5. 偽物が多いか少ないか

一般的には、高麗人参の名前の方が、聞く機会は多いのではないでしょうか。
しかし近年、田七人参は高麗人参を凌ぐほどに人気を集め注目されています。田七人参、高麗人参に関しては、特にサポニンの含有量に注目されており、サプリメントも日増しに人気上昇中です。
そんな田七人参と高麗人参の、違いについて知っていきましょう。

田七人参と高麗人参は見た目が違う

田七人参と高麗人参は、どちらも健康を維持したり改善したりするために、利用されているものです。
同じ「人参」と名前についていますが、見た目が全然違うのが、見比べてみるとわかります。
田七人参の場合は、根の大きさが3cmから6cmほどあり、灰褐色の塊根です。そして見た目どおり、まるで石のような見た目と硬さをしています。
一方の高麗人参は、まるで人間の足のような見た目をしており、より人間の足に近いような形になればなるほど、高値で取引されます。
高麗人参の場合は最も価格が高くなり、同時に効果も高くなるのは六年目のものです。これは六年根と呼ばれ、なかなか市場でも見かけることがないものとなっています。
田七人参は名で表されているように、七年かけてできるたいへん希少なものとなっています。
ちなみにスーパーでいつも見かけるオレンジ色の人参がありますが、これらは西洋人参と呼ばれる品種になります。植物としての分類もセリ科になり、田七人参、高麗人参はウコギ科ですから全く別物ということになります。
もちろんオレンジ色の人参も栄養豊富なのですが、健康的な効果がさらに高いのは、田七人参や高麗人参になります。
人参の種類を見分けたい時には、このように色や根の形を見てみると一目瞭然なので、比べてみるのが良いでしょう。

サポニンの含有量の違い

田七人参と高麗人参の、メイン有効成分はサポニンです。
どちらも含有量が非常に多いことで知られていますが、実は同じ多いといっても、2つとも含有量には差があるのです。
田七人参と高麗人参を比較した場合、含有量が多いのは田七人参のほうです。田七人参は、高麗人参に比べてサポニンはおよそ4倍、そして鉄分もおよそ2倍も含んでいます。さらにビタミンやミネラル、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどの、人間の体に必要な成分が豊富に含まれています。
また漢方としての呼び名があり、田七人参は理血薬、高麗人参は理気薬と呼ばれます。田七人参の理血薬というのは、心臓に働きかけて、循環器系統に効果を発揮するというものです。高麗人参の理気薬というのはその名の通り、気力や精神力を養うというものです。
よって田七人参と高麗人参は、役割自体が全く違うものだということになります。田七人参は、高血圧や心臓病などに効果的だといわれていますが、これはこの心臓に直接働きかけるという作用が大きいです。
東洋医学では、このように「田七補血」「高麗補気」といって、2つの漢方系人参を使い分けています。
サプリメントを購入する時には、自分に今必要なのはどちらかということを、判断してから選ぶようにするのが良いでしょう。

知名度の違いや副作用

田七人参と高麗人参を比較した場合、圧倒的に知名度が高いのは高麗人参でしょう。
高麗人参も、六年根まで人工的に育てるのはなかなか難しく、ましてや自生しているものを見つけるのは非常に困難です。そのため希少価値が高いので、高値で取引されています。
しかし、それよりさらに希少価値が高く市場への出回りが少ないのが、田七人参になります。産地を見ても高麗人参のほうは、ある程度広がってきていますが、田七人参の産地は中国雲南省のみとなっています。
そのため、高麗人参より田七人参は収穫量も少なくなってしまい、希少品として扱われています。さらに植えてから収穫できるまでは、七年ほどかかります。
高麗人参は栄養価のことを考えなければ、それよりもっと早い段階でも収穫することが可能であるため、田七人参よりはるかに収穫数は多くなります。そのため高麗人参は、その知名度を生かして、実際には効果がないものや、偽物のサプリが作られてしまうこともあります。
一方の田七人参は、だんだんと認知度が上がってきていますが、高麗人参に比べると知名度が低いために、偽物のサプリが作られてしまうことも少なく、安心して飲めるというのも人気上昇を後押ししているポイントでしょう。
また田七人参の希少性が、偽物のサプリを作りにくくしているともいえます。中国雲南省のみで栽培されており、収穫に時間のかかるものが広く知れ渡るためには、まだもう少し時間がかかるかもしれません。
サポニンサプリを飲む上で、気になる副作用ですが、田七人参、高麗人参ともに重篤な副作用はほぼないといえます。ただし高麗人参のほうは、血圧が上昇してしまうという副作用があることがわかっており、高血圧の方が飲むことはできません。
田七人参の場合は稀に口が渇く・不眠・動悸・発疹などの軽度の副作用があることがわかっています。しかし、田七人参で確認されている副作用は、どのようなサプリでも起こりえる微弱な副作用です。そういう意味でも安心して飲むことができます。

まとめ

知名度は高麗人参に譲りますが、田七人参は古老植物といって生きた化石といわれるほど歴史の古いものです。
最も古いもので、2億5千万年前にまでさかのぼるといわれており、漢方薬として利用されるようになったのは1555年頃です。
一方高麗人参のほうの歴史は、2000年前頃からと言われています。歴史的に言えば田七人参のほうが古くから存在し、漢方薬として利用されていたと言うことになります。
田七人参も高麗人参も、それぞれの得意とする効果が違うため、どっちを選ぶのかというのは、自分の症状を考えて選択するのが良いでしょう。
体の内側から体質改善をして、健康な体を手に入れましょう。

 

 

サポニンのマメ知識

TOPへ戻る