サポニンサプリでメタボ対策

サポニンサプリ効果おすすめ人気ガイド〜健康生活をサポート!〜

サポニンサプリでメタボ対策


 

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)という言葉が広まって、社会に浸透してからずいぶんたちました。今では、お腹がせり出したような中高年男性の「内臓脂肪型肥満」に対し「メタボだ」という形で使われていますよね。

 

メタボリックシンドロームは、心筋梗塞や脳梗塞などの原因である動脈硬化進行させてしまったり、血栓ができやすくなったりと重篤な病気のリスクが高くなる大変危険な症状です。しかし、自分は健康診断の数値で正常値の範囲だし問題ないし、肥満でもないから問題ないと考えていると、一気に危険水域まで達してしまうのが「予備群」状態のメタボになります。

 

「メタボ=肥満(目だって太っている)」という認識が広まっていますが、その認識だけでは誤りです。正しいメタボリック症候群についてと、その対策としてどのようにサポニンサプリが活躍するのかについて、次から説明していきます。

 

メタボリック症候群の診断方法

メタボの簡易的な自己診断方法は次の通りです。

項目A

    • 腹囲(ウェストサイズ)が男性で85cm以上、女性で90cm以上

項目B

    • 中性脂肪値が150mg/dL以上 or HDLコレステロール値が40mg/dL未満 or 両方当てはまる
    • 血圧の上が130mmHg以上 or 下が85mmHg以上 or 両方当てはまる
    • 空腹時血糖が110mg/dL以上

 

メタボリック症候群とは、

項目Aに当てはまり、項目Bが2つ以上ある

人のことを指します。

 

よく腹囲(ウェストサイズ)の見た目だけでメタボだと判断されている方がいますが、これは誤りです。確かに肥満状態は体への負荷が大きく、メタボリック症候群としてコレステロール値などが高い傾向にあり改善する必要があります。しかし中には、見た目には肥満状態に見えないが、内臓脂肪が多く、コレステロール値が高く、空腹時血糖も高いというような方もいます。こういう人もメタボリック症候群であるといえます。(あるいは、メタボ予備群です)

 

健康診断の結果をみて、すべて正常範囲内であったとしても、「HDLコレステロールが低い」「中性脂肪値が高めだ」などという場合は、早め早めの対策をとることが大切です。メタボリック症候群であると診断されてから対策をとるのではなく、診断されないように対策を常日頃からとっていくことが重要です。

 

メタボ対策には、サポニンサプリがおすすめ

サポニンには、肥満を改善する効果があります。また、コレステロール値を改善する効果や、血流を改善する効果があります。これらはメタボリック症候群の対策として非常に有効です。このことからメタボリック症候群への対策として「サポニン」を摂ることが望ましいといえます。

 

しかし、サポニンは食事で十分な量を摂取するのが大変難しい成分です。サポニンを多く含む田七人参や高麗人参はそのまま食するのが難しい食材であり、身近な大豆製品ではメタボ対策として十分量の摂取が難しいというのが現状です。例えば、大豆を中心とした大豆サポニンでのメタボ対策も非常に重要になりますし、一定の効果が見込めます。しかし、それには長い期間の努力と継続的な摂取を必要とします。

 

サポニンサプリはそんな摂取の難しいサポニンを手軽に摂取できるものとして非常に注目を集めています。メタボリックシンドロームはもちろんのこと、年齢特有の悩みなどにもバッチリ対応できるものとして活用される方が増えています。

 

サポニンサプリを摂ればメタボ対策はすべて完璧!というわけではありません。しかし、着実にメタボ対策、メタボ改善の強い味方としてサポニンサプリは力強い働きをしてくれるでしょう。

 

サポニンサプリが有効な症状

TOPへ戻る