サポニンの副作用

サポニンサプリ効果おすすめ人気ガイド〜健康生活をサポート!〜

サポニンの副作用


サポニンサプリに利用されているサポニンは、基本的に安全性が保証されています。「副作用」という言葉は、本来医薬品に対して使用する言葉ですので、健康食品やサプリメントでは「服用時に注意すべき点や症状」と言ったほうがよいでしょう。

 

サポニンには溶血作用があるって本当?

「サポニン」で「副作用」というと溶血作用が有名で多数のサイトが注意すべき点として述べています。確かにサポニンには、血のめぐりをよくし血栓を溶かす効果があります。この効果が強すぎると「溶血作用」として副作用となり、体をかえって壊してしまいます。

 

しかし、実際にこの溶血作用が強いのは「桔梗」に由来するサポニンです。どのサポニンにも血のめぐりに関する効果はありますが、特に注意が必要なのは桔梗サポニンで、高麗人参サポニンや田七人参サポニンを用法用量を守って利用している時に溶血作用は認められていません。多くのサポニンサプリは、田七人参や高麗人参を原材料としていますので、安心して服用することが可能です。

 

つまり、「サポニンすべてに副作用として強い溶血作用がある」という認識は誤りになります。

 

サポニンサプリを摂る際の注意点

サポニンサプリを摂る際の注意点は次の通りです。

    • 一日の用法用量を守る
    • 飲み合わせに注意する
    • 好転反応に気をつける

 

一日の用法用量を守る

サポニンサプリに限らず、サプリメント、健康食品、医薬品等は記載されている用法用量を守ることが大切です。健康のためと過剰に摂取すると、かえって体に害が出てしまい、健康被害の原因となってしまいます。正しい服用方法、服用量を守ることがサポニンサプリの効果を最大限実感するために大切です。

 

飲み合わせに注意する

サプリは医薬品ではないため大きな問題に発展するケースはほぼありませんが、飲み合わせによっては処方されている薬の効果を阻害するかもしれません。現在治療中の病気があり、健康増進のためにサポニンサプリの服用を行う際は、処方されている薬との飲み合わせを主治医あるいは薬剤師に相談されるとよいでしょう。

 

好転反応に気をつける

好転反応とは、漢方などの東洋医学用語で、一時的に起こる身体反応の事を指します。例えば、サプリの飲みはじめにしばらく下痢気味になったりするといった副作用と見分けのつきにくいからだの反応です。東洋医学では、体が良くなるために悪いものを外に出そうとする際に出る一時的な反応とされています。よくある症状としては、例に挙げた下痢のほかに発疹や発熱、めまいなどが挙げられます。

 

これらの好転反応は良くなるための前兆ですが、同時に「体に合っていないのではないか?」と不安になる要因でもあります。好転反応かそうでないかは、日数が経過しても一向に改善しないのであれば体に合っていない可能性もありますので、服用をやめてみたり、お医者さんに相談するなど適切な対応をとることが大切です。

 

安心して飲めるサポニンサプリを見つけよう!

サポニンサプリは、大きくは健康のために服用するサプリです。不安要素となる大きな副作用も報告されていません。用法用量を守って正しく飲むことで、よりよい効果をもたらしてくれるでしょう。

 

 

サポニンについて

TOPへ戻る