サポニンサプリの口コミから効果までオススメをランキングで徹底解説!

サポニンサプリ効果おすすめ人気ガイド〜健康生活をサポート!〜

サポニンサプリの肝機能強化効果


サポニンには、肝機能を強化する効果があります。

これは、直接的に肝機能を強化すると言うよりも、過酸化脂質の生成を抑制することで

肝機能を高める効果があるというものです。

過酸化脂質とは?

過酸化脂質とは、体内の脂質やコレステロールなどが、

活性酸素によって酸化することで生み出されます。

 

活性酸素は文字通り、活発に活動する酸素のことです。

過酸化脂質を生み出すことで「体に悪いものである」というイメージになりますが、

酸化させる能力に優れると言うことは殺菌作用が強いと言うことでもあります。

それ故に、体に入り込んだ細菌から体を守る役割を活性酸素は担っています。

 

しかし、悪玉コレステロール等と同様に多すぎる活性酸素は体にとって有害です。

活性酸素は、体内の脂質と結びつくことで過酸化脂肪となります。

この過酸化脂肪は、動脈硬化やガン、糖尿病などの原因になるとも言われています。

 

揚げ物をする油を想像して頂くとわかりやすいかもしれません。

新しく変えたばかりのなたね油やオリーブオイル、サラダ油など

最初は油ではあるものの澄んでおり、変なにおいもしません。

 

しかし、たくさんの揚げ物をしたのちに放置してある油は、

独特の油のにおいがしますし、見た目も黒っぽく変色しているでしょう。

それは、油が酸化しているからなのです。

 

そんな油で揚げられた揚げ物を食べたいでしょうか?

 

体内の過酸化脂肪は、そんな食べたくない揚げ物と同様に体に良くないものなのです。

サポニンの抗酸化作用で肝機能を高める

過酸化脂質を分解するために、体は肝臓を酷使します。

例えば欧米化された高カロリーな食事や、アルコールの過剰摂取による脂肪肝や肝硬変などは、

過酸化脂質が原因だと言われています。

 

酸化してできた過酸化脂質はドロドロの血液の原因の一部にもなっているため、

血の巡りも当然悪くなっています。

 

サポニンには、中性脂肪やコレステロールが酸化するのを防ぐ非常に高い抗酸化作用があります。

強力な抗酸化作用によって血液中のコレステロールや脂質が酸化するのを防ぎ、

血液がドロドロになることを防ぐ役割を担います。

 

このことによって、肝臓での過酸化脂肪の分解負担が軽減します。

また、肝臓にめぐる血液も綺麗な血液になるため、本来の働きをより強めるという効果も期待できます。

 

このことから、サポニンには肝機能強化の効果が期待できるといわれています。

ポニンの中でも特に薬用人参系(田七人参や高麗人参)サポニンが効果的だといわれています。

 

酸化作用によってサビた鉄は、変色し腐敗していきます。

体内でのサビをなくすことは、肝機能強化だけでなく

肌のターンオーバーやホルモンバランスにも大きく影響しますので、

アンチエイジングにも効果が期待できます。

 

肝臓は静かな臓器です。痛みが出たら手遅れと言われています。

日頃からサポニンなどを効率的に摂取し、体の酸化を防ぐことが非常に重要になって来るでしょう。

 

 

 

サポニン効果

TOPへ戻る