サポニンを含んでいる食べ物

サポニンサプリ効果おすすめ人気ガイド〜健康生活をサポート!〜

サポニンを含んでいる食べ物


サポニン」は、身近な食品にも含まれているのですが、あまり知られていません。

しかし実際には実に様々な食べ物に含まれています。

サポニンを含む身近な食べ物

サポニンを含む食品として私たちに身近なものとしては、以下のものが代表的です。

    • 大豆
    • あずき
    • 黒豆
    • ごぼう

    • オリーブ
    • コーヒー
    • 紅茶
    • 緑茶

 

どの食材もとても身近で、日常的に口にする機会も多いのではないでしょうか?サポニンを含む食べ物の特徴としてはマメ科の植物であったり、少しエグみのある植物に多く含まれているという点が挙げられます。

 

お豆腐やごぼうなど日常的に親しまれている食品をはじめ、嗜好品として愛飲されているコーヒーなどにもサポニンは含まれているのです。

 

サポニンを含むサプリや健康食品でよく使われる食べ物

サポニンの薬効が高く健康食品やサプリメントとして有名なのは次のものです。

    • ごぼう(ゴボウ茶)
    • アマチャズル(甘茶)
    • 高麗人参(朝鮮人参)

    • 大豆(大豆イソフラボン系)
    • 大豆(ナットウナーゼ系)
    • 田七人参

 

こちらも高麗人参をはじめとして聞きなじみのある名前が多いのではないでしょうか?特に高麗人参は健康食品やサプリで有名ですね。最近はナットウキナーゼの関係で大豆関連の健康食品も目にする機会が増えたのではないでしょうか?

 

田七人参は最近注目を集めている薬用人参で、高麗人参よりもさらにサポニンの含有量や、発揮する効果が優れていると話題になっている食べ物になります。高麗人参であれば、韓国料理店などでサムゲタンなどで口にする機会もあるかもしれません。しかし、高麗人参を含めてそのまま食するにはクセの強いものが多いため、サプリとして加工されたものを口にする機会のほうが多いでしょう。

 

サポニンを効率的に摂取するにはどうしたらいいのか?

このようにサポニンを含む食材は身近にあります。そのため、普段の食生活で口にするものなので、日常的に摂取できているのでは?という風に感じられる方も多いでしょう。

 

しかし、実際には必要な量を普段の食事で摂取するのが非常に難しい成分なのです。

 

例えば緑の葉野菜は、煮ることでビタミンが逃げてしまい、食べてはいてもキチンと栄養素を摂取できないというのは聞いたことがあるかもしれません。ではサポニンはというと、植物にある苦味やエグみの成分であるため、食事で摂取するのはビタミンを取るよりももっと難しいものになります。

 

例えば大豆であれば、下処理の際に茹でることが多いと思います。また、ゴボウなどはアク抜きで水にさらす場面も多いでしょう。そのような際に、サポニンはどんどんと外に逃げてしまいます。これでは、大豆やゴボウを食べたとしても効果的にサポニンは摂取できません。

 

そのため、このサポニンを効率よく摂取するために、サポニンを含むサプリメントを摂られる方が非常に多くなってきているのです。

 

サポニンについて

TOPへ戻る